資産運用をする前にいまいくらの資産があっていくら
の負債があるのかをきちんと把握する必要があります。
銀行預金、株式、外貨、投資信託、ETFなどの資産の時
価評価額を把握します。

ほとんど銀行預金だけという人は通帳を記帳してくればす
ぐにわかると思います。株式投資などをしてる人は証券会
社の口座残高も把握する必要がありますね。

資産が把握できたら次に負債を把握します。住宅ローン、
カードローンなどの残高と借入金利も把握しておきましょう。

資産から負債を引いたものが本当の資産額、純資産額になります。
次に毎月の収入と支出を把握します。収入の把握は比較的簡単だ
と思いますが支出の把握はなかなか大変ですよね。1円単位まで
家計簿をつけて把握する必要はないのでだいたい一か月平均でい
くらぐらい生活費を使ってるかを把握してください。

家賃、光熱費、食費、社会保険料(会社員なら給料天引きが多いと
思います)通信費、保険料、娯楽費などいろいろな支出があると思
います。だいたいでけっこうですので1か月の支出を把握しておき
ましょう。

年齢、家族構成、収入、支出、資産額、負債額、リスク許容度など
によって資産運用のしかたも変わってきます。
一般的に年齢が若いほど、収入が多いほど、純資産が多いほどリスク
を取って運用できるようになります。
あとそのひとのリスク許容度によっても資産運用のしかたは変わって
きます。

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment





   

スポンサードリンク

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

参加しています

Archive

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM